読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hulftの要求コマンド 同期転送について

ちょっとメモ。

 

hulftの要求コマンド(utlsend , utlrecvなど)は基本的に投げっぱなし。ジョブを起動することがお仕事。

ただ、-syncオプションをつけることで同期転送となり、戻り値を返すようになる。

けれども、、-wオプションで指定した時間を過ぎるとtimeoutで戻り値4を返す。

イメージとしては、シンクロって言うよりもウェイトやね。。。ちょっと待ってみてる。