読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KVMサーバを構築する

KVMサーバを構築したくて、以下のページを参考に作ってみた。

 

KVMで仮想マシンを作成 | OSSでLinuxサーバ構築 | OSS Fan

 

qemu-kvmコマンドを使用して、OSをインストールしたらなぜか

リブートするたびに再インストールされる。。

 

libvirtへの登録がうまくいってないのかなーというところ。

仕方ないので、libvirt仮想マシンを作成。

うまくいったみたいなんだけど、vnc仮想マシンにつながらない。。。
netstatで確認したら待ち受けが127.0.0.1みたいなんだよね。

これはブリッジの設定がないからいけないんだと思い、以下のページを参考に
ブリッジの設定をした。

 

KVMのホストOS(CentOS)のネットワークをブリッジ化する設定 – FlatLabs

 

それで気を取り直して再度libvirtコマンドで仮想マシンを作成。

 

virt-install --name server001 --vcpus 1 --ram 1024 \

--disk path=/mnt/hdd0/images/server001.img,size=40,sparse=true \

--network bridge=br0 --graphics vnc --os-variant rhel6 \

--cdrom /mnt/hdd0/iso/CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso

 

それでも相変わらず待ち受けIPは127.0.0.1

 

googleセンセイで調べたら、以下のページに書いてあった。

 

KVMゲストをVNCでGUIインストール - mikedaの日記

 

libvirtのqume.confを編集しないとだめだったんだね。

 

再度インストールコマンドを実行すると、VNCでつながった。

めでたしめでたし。